オリンピック

東京オリンピック野球の決勝と予選の日程と会場&参加国紹介!メダル予想

投稿日:

View this post on Instagram

. . 昨日で日本代表候補合宿が終わり、明日から代表入りするためタイトラが始まります。このタイトラで基準タイムを切ると仮の東京オリンピックメンバー?!に入れる可能性が出てきます。 候補選手の中には日体大卒の先輩方もいるため、心強いです。 予定では自分のレースは24日にあるため上手く調整していきたいです。 決して一人では見れなかったこの景色。自分を応援してくださった全ての人のおかげで今の自分はここにいます。 ここに来れなかった仲間の分まで全力だしきります。 #東京オリンピック #tokyoolympic #nssu#する見る支える#canoesprint#上河内神楽団

A post shared by Kohei Fukada (@___fc.gram) on

2020年に開催される東京オリンピックでは、33競技・339種目行われることが発表されています。

今回は開催都市提案種目として採用された競技、野球の決勝・予選の日程・会場と参加国についてご紹介します。

 

東京オリンピック野球の予選日程と会場紹介!

では、さっそく東京オリンピック野球が行われる予選日程と会場をご紹介します。

チケットのご購入にご参考下さい。

また野球競技は東京オリンピック会場で観たいランキング3位にランクインしている為、チケット購入の際は早めのご購入をお勧めします。

※予選リーグは7月29日(金)・7月30日(土)・7月31日(日)・8月1日(月)の四日間となります。

7月29日(金)

12:00〜15:00
会場・福島あづま球場

7月30日(土)

19:00〜22:00
会場・横浜スタジアム

7月31日(日)

12:00〜15:00
19:00〜22:00
会場・横浜スタジアム

8月1日(月)

12:00から15:00
19:00から22:00
会場・横浜スタジアム

7月29日の一試合のみ福島あづま球場で行われ、メイン会場は横浜スタジアムで行われます。

 

東京オリンピック野球の参加国紹介!

次に東京オリンピック野球を楽しみにされている方が一番気になるのが参加国です。

予想の声は色々ありますが現時点では日本以外決まっていません。

ですが、プレミア12から二か国。アフリカ・ヨーロッパ予選から一か国。アメリカ大陸予選から一か国。

インターコンチネンタル予選から一か国。日本を含め全六か国が参加予定です。

 

東京オリンピック野球競技の優勝予想!

まだ日本以外の参加国は決まっていませんが、恐らく永遠のライバルといわれている為現時点の対抗国は韓国だと予想する声が多くあります。

というのも、東京オリンピックを見据え初めて2017年11月に開催された野球の国際大会。

「アジアプロ野球チャンピオンシップ」で日本代表は韓国と予選リーグの初戦で対戦し、延長10回のタイブレークの末8対7でサヨナラ勝ちをした実績があります。

そのほかWBCでも激闘を演じた韓国との戦いは今でも語り草です。

永遠のライバルということもあり東京オリンピックでも韓国が対抗国になる事が予想されます。

 

東京オリンピック野球の日程と会場紹介、参加国と優勝予想まとめ

https://twitter.com/maru_baystars25/status/966303604507160576?s=21、

  • 東京オリンピック野球の予選日程は、7月29日・7月30日・7月31日・8月1日の四日間。
  • 東京オリンピック野球の予選会場は7月29日の一試合のみ福島あづま球場で行われ、メイン会場は横浜スタジアムで行われます。
  • 参加国は現時点では日本以外決まっていませんが、六か国参加予定です。
  • 2017年11月に行われたアジアプロ野球チャンピオンシップで勝利成績はありますが永遠のライバルといわれている韓国が対抗国になることが予想されます。

今回は2020年に開催される東京オリンピックの競技の一つ、野球の予選日程・会場・参加国・優勝予想についてまとめてご紹介しました。

開催都市提案種目として採用され会場で観たい競技ランキング3位にランクインしている種目、野球。

予選日程を参考に是非この機会に会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

-オリンピック

Copyright© スタジアムにいこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.