クイーンズ駅伝

クイーンズ駅伝2018結果予想!エディオン・三井住友海上・岩谷産業は?

更新日:

さて、出場チームが決定していよいよ本番まであと3週間を切ってきたクイーンズ駅伝。

どのチームも追い込みをかけている最中なのでしょうね。

そこで今回は、クイーンズ駅伝の結果予想をしていきたいと思います!

と、言いましてもズバリ予想とは外れやすいもの。

今回はそこからクイーンズ駅伝がどんなレース展開となりそうかも予想しながらご紹介していきますよ!

 

 

優勝候補はどこ?

過去10年の優勝チームをまずは見ていきましょう。

チーム名
2008 豊田自動織機
2009 三井住友海上
2010 天満屋
2011 第一生命
2012 ユニバーサルエンターテインメント
2013 デンソー
2014 デンソー
2015 デンソー
2016 JP日本郵政グループ
2017 パナソニック

2017年大会についてはユニバーサルエンターテインメントが1位でしたが、選手からドーピング検査で陽性となったため優勝がはく奪、2位のパナソニックが繰り上げで優勝となりました。

こうしてみますと、今大会も出場しているチームばかりですね。3連覇を達成したデンソーは女子駅伝の名伯楽として知られる松元利弘さんを監督として呼び寄せていますし、第一生命JP日本郵政も実力のあるチームです。

天満屋ワコールは、日本を代表する陸上選手も多く輩出しているチームですし、ユニバーサルエンターテインメントも決して侮れませんね。

ここには名前が出ていない、ヤマダ電機ダイハツも注目したいところです。

敢えて上げるならパナソニックでしょうか。若い選手たちが前回の経験を糧にさらに頑張るでしょうからね!

 

 

三井住友海上と岩谷産業は?

最多優勝回数を誇る、三井住友海上陸上部ですが、今回は出場しません。

クイーンズ駅伝で発生してしまった選手の脱水症状により蛇行・逆走・そしてコースアウトというまさかの事態に。

とても見せてはならない映像のため、どうかご自身で調べていただければと思いますが、いずれにしても優勝さえ狙えると言われていた三井住友海上が予選敗退は誰も予想しなかったことでしょう。

また、現在こちらも物議を醸している岩谷産業も19位で予選敗退です。

こういう言い方は酷かもしれませんが、なぜ彼女たちのレース中に足に異常をきたしたり脱水症状になるのでしょう?

そういう症状が出るのは走り切った後でも良いのにと心から思います。

ただ、どちらの症状も命にかかわるもの。迅速に対応しなければ、選手生命はおろか日常生活にも影響が出ると言われていますからね。

これはサッカー選手の話ですが、アルゼンチン代表選手だったバティストゥータは引退後に足首の痛みにずっと悩まされていたとのこと。3メートル歩く事さえ困難になるのがアスリートとしてあるということは覚悟しなければならないのです。

その時に大会本部でも命の危険性があった際には、素早く選手たちのプレーを中断する勇気が必要ですね。

このような事が無いように、現在対応策を協議しているとのことですので、改善に期待したいところです!

 

 

エディオン陸上部は?

さて、昨年プリンセス駅伝でゴール直前に脱水症状に陥ってしまい、棄権ということになってしまいました。

またむごいことをしますね。だからゴールしてからそういう症状が起きてほしいものです。レース中は体も忖度していただきたいですね。

さて無理難題を言うのは置いておきまして、今回はその悔しさをばねにして見事に出場権を獲得!

宮城の地でその姿を見ることが出来そうです!

※なお、脱水症状で棄権してしまった選手は退部してしまったようですね。残念です。

 

 

なぜ、このようなアクシデントが起きてしまうのか?

男子の陸上選手と違い、女性の場合は同じように追い込んで練習しますと、実は体に深刻なトラブルが起きてしまうようなのです。

これは女性の身体の構造上の問題となってしまうためであり、本来は子供を産むという重大かつ重要なメカニズムに反してやっているもののため、発生しうる事象のようです。

もちろん練習は必要ですし、ケアも必要。ですが、そのケアと言う面において女性だからこそ行わねばならない部分もあることを理解した方がよさそうですね。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

最後は少し重たくなってしまいましたが、女性選手の活躍が目立つスポーツ界だからこそ、より良くしていくというのは大切な事と思いますので、今回は書かせていただきました。

どんな時でも頑張ってしまうのが選手です。止まれと言ったって、選手たちは嫌に決まっていますしね、特にチームを背負っている状態ですと、尚の事です。

それでは纏めましょう。

  • 今年も優勝候補は多くいる!あえて挙げるならパナソニック?
  • 三井住友海上も岩谷産業も出場なし!
  • エディオンは出場!
  • アクシデントがなぜ頻発する?

こちらを覚えていただければと思います。

実際に高橋尚子さんや野口みずきさん、福士加代子選手ととても強く素晴らしいランナーたちがこれまでにも多く出てきました。

どうか、アクシデントなく全選手が走れると良いですね。

クイーンズ駅伝の記事はこちら

[blogcard url="https://gotostadium.net/queens2018-3/"] [blogcard url="https://gotostadium.net/queens2018-1/"]

-クイーンズ駅伝

Copyright© スタジアムにいこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.