高校野球

近江高校野球部2018監督&注目選手は?応援も注目!県大会と甲子園の成績も

更新日:

夏の甲子園3日目に登場した滋賀代表の近江高校。

1回戦で、春のセンバツで準優勝の智弁和歌山と対決し、見事勝利しました。

継投で智弁和歌山打線を封じ、強さを示しましたね。

今回は、近江高校についてまとめてみました。

 

 

2018夏の甲子園成績

近江高校は滋賀県の代表校です。

対戦カードはこちらです。3回戦以降は、決まり次第追記します。

第1回戦(8/7) 7-3 智弁和歌山(和歌山)
第2回戦(8/13) 前橋育英(群馬)
第3回戦()
第4回戦()

 

1回戦 VS智弁和歌山

大会3日目の第2試合に登場した近江高校。

相手は春のセンバツ準優勝校、もちろん、今大会でも優勝候補として名前が上げられていた、智弁和歌山との試合になりました。

近江高校は4回に2点を先制すると、5回にも続けて得点し波に乗ります。8回9回にもダメ押しの3点を入れ試合を決めました。

守りも固く、4人の投手を起用した計画的な継投で、打たれても驚異の粘りで守り抜き、勝利しました。

2本塁打を含む9安打の近江に対し、10安打の智弁和歌山。

とにかく粘りのチームということがわかります。

粘って粘って守り抜き、チャンスをものにした結果、優勝候補にも勝利しました。

 

スポンサードリンク

 

注目選手

北村選手

1年生の時から、近江高校の4番を任されていた北村選手。

今試合は、4打数2安打。2安打ともホームランという強打者です。

しかも、ランナーをおいてからのホームラン。チャンスへの強さはピカイチです。

有馬捕手

2回も2塁で走者を刺す肩の強さ!これは、投手も助けられます。

そして、気分も盛り上がり、流れをグッと引き寄せる大きなプレーです。

今後も、有馬捕手の肩は楽しみです。

 

 

中尾キャプテン

選手宣誓をした中尾選手。イケメンですね。

ゆっくりと、丁寧に、聞きやすい声色の選手宣誓という印象があります。

試合後にも智弁和歌山のメンバーに対し、一礼を忘れず、相手チームへのリスペクトも忘れない姿は、中尾選手の性格がわかります。

 

スポンサードリンク

 

応援

近江高校は応援も注目されています。

今日は、吹奏楽部がコンクールのため、OBとメンバー外部員での応援だったようですね。

それにしても、揃っていてかっこいい!

 

スポンサードリンク

 

監督

近江高校を率いるのは、多賀監督です。

勝利監督インタビューが印象的でした。まさか勝てると思っていなかった・・・。本音が伺える一コマ。

選手だけでなく、監督の素直さもみて取れますね。

2011年には、甲子園の解説としても登場しています。

プロフィール

多賀監督は、教頭も務めるやり手の監督です。

出身高校:平安高校
出身大学:龍谷大学

 

指導歴

1989〜 近江高校野球部監督

学校では社会科を教え、教頭も務める

監督成績

2008年、夏の甲子園出場
2012年、春の甲子園出場
2014年、夏の甲子園出場
2015年、春の甲子園出場
2016年、夏の甲子園出場
2018年、春夏の甲子園出場

直近10年を上げても、これだけ・・・。

名監督ということがわかります。

 

スポンサードリンク

 

県大会成績

滋賀県大会の成績もみてみましょう。

2回戦 17-0 能登川・長浜農
3回戦 10-0 甲西
準々決勝 5-1 八幡商
準決勝 8-2 近江兄弟社
決勝 8-4 綾羽

安定的な強さを誇り、甲子園出場を決めました。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

近江高校の戦いはこれからです!

2回戦は13日!

 

こちらも読まれています
[blogcard url="https://gotostadium.net/seiryo/"][blogcard url="https://gotostadium.net/hanasaki2018/"]

-高校野球

Copyright© スタジアムにいこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.