マラソン

MGC出場選手一覧!女子注目選手の成績と出身高校とタイム予想も

更新日:

女子でもマラソン選手ではこの大会に出ることが目標となっています。

マラソングランドチャンピオンシップ、通称MGCですね。

ここから選ばれた2名と、2019年-20年に行われる大会の成績から選ばれたメンバー1名で2020年の東京オリンピックの代表とされるのです!

今回はすでにMGC出場が決定している選手の成績と出身大学を調査(Wikipedia調べその2)!

どの選手が活躍するかも含めてご紹介しちゃいます!

 

 

出場決定選手一覧

こちらですでに出場が決定している選手と、各選考会でのタイムをまとめさせていただきました!

男子はこちらのようになっています!

選手名 生年月日 経歴 マラソン 備考
前田穂南 1996/7/17 大阪薫英女学院-天満屋 2:28:48 2017年北海道 自己ベスト2:23:48
2018年大阪
松田瑞生 1995/5/31 大阪薫英女学院-ダイハツ 2:22:44 2018年大阪 自己ベスト2:22:23
2018年ベルリン
安藤友香 1994/3/16 豊川-スズキ浜松AC 2:27:37 2018年大阪 自己ベスト2:21:36
2017年名古屋
関根花観 1996/2/26 仙台育英-豊川-日本郵政G 2:23:07 2018年名古屋 初マラソン
岩出玲亜 1994/12/8 豊川-ノーリツ-ドーム 2:26:28 2018年名古屋 自己ベスト2:24:38
野上恵子 1985/12/6 須磨学園-サニックス-十八銀行 2:26:33 2018年名古屋
鈴木亜由子 1991/10/8 時習館-名古屋大学-日本郵政G 2:28:32 2018年北海道
小原怜 1990/8/10 興譲館-天満屋 2:27:44
2:27:29
2018年名古屋
2018年ベルリン
ワイルドカード
直近2大会平均2:28:00以内
自己ベスト2:23:20
2016年名古屋
中野円花 1991/8/14 大阪薫英女学院-ノーリツ 2:27:39 2019年大坂

 

 

注目選手

松田瑞生(ダイハツ)

https://twitter.com/k_7250/status/1010094479183732736

生年月日 1995/5/31

経歴 大阪薫英女学院-ダイハツ

5000メートル 15:46.40
10000メートル 27:38.31
ハーフマラソン 1:01:13
マラソン 2:22:23(日本歴代9位)

 

大阪の陸上名門校として知られる、大阪薫英女学院で活躍し、高校卒業後は女子陸上の名門であるダイハツに所属しています。

初マラソンとなった2018年1月の大阪国際女子マラソンで優勝し、そのままマラソングランドチャンピオンシップの出場権を獲得すると、昨年のベルリンマラソンでは自己ベストを更新して日本マラソン歴代9位の好記録をたたき出しました!

安藤友香(スズキ浜松AC)

生年月日 1994/3/16

経歴 豊川-スズキ浜松AC

5000メートル 15:32.67
10000メートル 31:58.71
ハーフマラソン 1:09:51
マラソン 2:21:36(日本歴代4位)

 

高校時代は高校駅伝で2度全国制覇を達成した、豊川高校のエースランナー。

高校卒業後にはスズキ浜松ACで実力を磨き、2017年3月に名古屋ウィメンズマラソンでデビューし、初マラソンで歴代4位の好記録をたたき出し、世界選手権にも出場しました!

関根花観(日本郵政グループ)

※紫色のユニフォームを着ているのが関根選手です。

生年月日 1996/2/26

経歴 仙台育英-豊川-日本郵政グループ

5000メートル 15:24.74
10000メートル 31:22.92
マラソン 2:23:07(初マラソン日本歴代4位)

 

高校時代から注目されていたマラソン界の新星。

仙台育英高校と豊川高校では駅伝部で活躍し、豊川高校時代には全国制覇も達成しています!

初マラソンとなった2018年の名古屋ウィメンズマラソンでは、ペースを維持することを考えて2時間23分の好記録をたたき出しました!

これでしっかり実力が上がって来ると面白いですね!なお、中学校は町田市立金井中学校。

これはマラソンの男子記録をたたき出した大迫傑選手と同じ中学校なんですね!

 

 

出身高校

実は女子の陸上選手は大学出があまり多くありません。

1月15日現在、MGC進出者の中で最終学歴が大学なのは鈴木亜由子選手だけなんですね。

鈴木選手は時習館高校という愛知の県立高出身で、決して名門校出身ではないんですね。

比較的多いのが愛知県の学校で、その中で多いのは豊川高校ですね。

元々高校駅伝では最多の4度優勝を達成している名門校ですが、その黄金世代が現在大活躍をしているようですね!

とはいえ、今は群雄割拠の時代となっているだけにどこにどの選手が現れるかも分かりません。

そういう意味では女子選手も新星を期待したいですね!

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回はMGCに出場が決定している女子選手の一覧をご紹介しました。

纏めますと……。

  • エリートランナーからたたき上げランナーまで面白い選手がずらり!
  • 意外なところから意外な選手が出てくるかもしれない!

こちらのようになりました。

個人的には東京オリンピックには間に合わないかもしれませんが、ロードで圧倒的な強さを見せる期待の新星を一人ご紹介しましょう。

https://twitter.com/k_7250/status/1076669137152163841

廣中璃梨佳選手。彼女は来年どこかでマラソンを走っていても不思議ではないはず。期待したいですね!

-マラソン

Copyright© スタジアムにいこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.