箱根駅伝 駅伝

箱根駅伝2019東海大学エントリーメンバーとオーダーは?順位予想も

更新日:

「優勝候補」。2015年の高校駅伝を席巻したエースたちを入学させた東海大学は、数年後に優勝候補となると言われていました。

しかし、現状はとても厳しい状況に置かれていると言わざるを得ません。

そんなエースたちは今年で大学3年生。途轍もなく重要な立場に置かれるようになったわけです。

ですが、その3年生よりも重要な役割を担うのは4年生。彼らが味のある走りをしてくれることが大切になるでしょう!

そこで今回は「優勝候補」東海大学のメンバーとオーダー予想をしていきましょう!

 

 

エントリーメンバー

選手名 学年
東優汰 4年
湊谷春紀 4年
湯澤舜 4年
鬼塚翔太 3年
郡司陽大 3年
河野遥伎 3年
小松陽平 3年
阪口竜平 3年
關颯人 3年
館澤享次 3年
中島怜利 3年
西川雄一朗 3年
松尾淳之介 3年
鈴木雄太 2年
西田壮志 2年
本間敬大 1年

3年生が10名を占めるだけに、それだけ重要視されているということは良く分かります。

ですが、隠れたところで湊谷選手と湯澤選手は決して外すことが出来ないランナーです。特に湯澤選手はこの1年で急激に伸びてきた選手で、彼のようなたたき上げの4年生が味のある走りをすることは、駅伝という競技上大変に重要です。

「湘南の暴れん坊」から「箱根の絶対王者」に。今こそ名乗りを上げていただきたいですね!

 

 

オーダー

1区 鬼塚翔太 6区 中島怜利
2区 阪口竜平 7区 西川雄一朗
3区 舘澤亨次 8区 郡司陽大
4区 關颯人 9区 湊谷春紀
5区 西田壮志 10区 湯澤舜

敢えて厳しいことを言いましょう。東海大学にとって重要でない区間はありません。

もちろんこれは他の大学さんもそうです。ですが、1区から6区まで。全選手がきっちりとミスなく走ること、これは優勝のための必須条件です。

といいますのも、青学は前回大会で追いかけている中でも強さを見せてきた大学です。

できるならば、小野田勇次選手までの区間でタイム差は2分30秒欲しいところ。7区を走るであろう林選手の事も考えますとそれ以上を要求したくもなります。

全選手が一切ミスなく走り切ることが出来た時。8区以降はウィニングランとなるでしょう。

1月2日午前0時、追記します!

現時点でのオーダーですが、湯澤選手が2区で起用!これには驚きましたね。

4区の本間選手と8区の松尾選手、9区の鈴木選手はエントリー変更されるでしょうが、もし湯澤選手が1時間7分台で2区を走り、他の選手たちもきっちりミスなく走れれば面白いです!

1区 鬼塚翔太
2区 湯澤舜
3区 西川雄一朗
4区 本間敬大
5区 西田壮志
6区 中島怜利
7区 阪口竜平
8区 松尾淳之介
9区 鈴木雄太
10区 郡司陽大

 

 

順位予想

3位

 

個人的に気がかりなのは、両角監督の強化方針の「ブレ」でしょうか。

何分、良い選手を入学させているだけに大学側からもプレッシャーが強いのかもしれません。

ただ、それによって選手の強化がおろそかになってしまっては本末転倒ですからね。

レースに目を向けますと、やはり鍵は5区でしょう。西田選手が健康ならば走ることとなりますが、宮上翔太選手のようにきっちりと走ることが出来れば箱根制覇も夢ではないでしょう!

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回の東海大学に課されているのは「優勝」です。

相当厳しい戦いになるかもしれません、苦しいかもしれません。

ですが、それこそがこれほどまでに良い選手を入学させた目的ではないでしょうか?

纏めますと…。

  • 優勝はノルマ!?
  • 序盤から先手を取っていけ!
  • 山の区間が鍵!

このようになりました。

しかし、東海大学に今ついている専属のスポーツライターは青学を出入り禁止になっているライターらしいですね。

悪いことは言わないので、東海大学もそれに倣った方が良いと思うのは私だけでしょうか?

関連記事はこちら!

[blogcard url="https://gotostadium.net/hakonetoyou2019-3/"] [blogcard url="https://gotostadium.net/hakoneaogaku2019-5/"] [blogcard url="https://gotostadium.net/hakonewaseda2019-1/"] [blogcard url="https://gotostadium.net/hakonemeiji2019-1/"]

 

-箱根駅伝, 駅伝

Copyright© スタジアムにいこう , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.