箱根駅伝

箱根駅伝2019スピード3区の区間記録と見どころ&注目選手!ルーキーも

更新日:

策略の1区、花の2区とくれば、高速区間となる3区はさらに重要。

特にこの区間に力のあるランナーを配置することも多く、むしろエースの選手を2区に配置せずに3区で走らせるということもあるほどです。

これは恐らく、選手の適性を見て決めていると考えても良いかもしれません。

やはり勢いそのままにスピードに乗せて走らせたい、という思惑があるからなのでしょう。

が、そんな3区はどんな区間なのか。歴代に活躍した選手を含めてご紹介しちゃいます!

 

 

見どころ

戸塚中継所からだらだらと下る形で始まる3区は、序盤からスピードに乗ることが出来る区間でもあります。

激しい戦いが一旦落ち着き、一方でスピードランナーたちの競演も観ることが出来るという、なんとも贅沢な区間となります。

しかし、コースの終盤には湘南海岸が待ち受けており、防砂林を抜けた直後から一気に海風が吹き抜けます。

これにどう対処するかで、レースも変わってくるでしょう。

また、期待のルーキーなどを起用するのも特徴的で、実際に佐藤悠基選手や設楽悠太選手は3区での出走経験を積み世界へと羽ばたいていますからね!

 

 

区間記録

オンディバ・コスマス(山梨学院大学→南陽市役所)

1:01:38

※日本人記録

竹澤健介(早稲田大学→ヱスビー食品→住友電工)

1:01:40

2019箱根駅伝区間記録

順位 選手名 大学名 タイム
1 森田歩希 青山学院大 1:01:26(区間新)
2 阿部弘輝 明治大 1:02:07
3 遠藤大地 帝京大 1:02:32
4 吉川洋次 東洋大 1:02:34
5 中村大聖 駒澤大 1:02:40
6 青木祐人 国学院大 1:03:01
7 西川雄一朗 東海大 1:03:02
8 馬場祐輔 拓殖大 1:03:15
9 井手孝一 神奈川大 1:03:29
10 千明龍之佑 早稲田大 1:03:30
11 真船恭輔 東京国際大 1:03:37
12 橋本龍一 順天堂大 1:03:44
13 栗原啓吾 中央学院大 1:04:07
14 岡原仁志 法政大 1:04:24
15 齋藤諒 大東文化大 1:04:34
16 三須健乃介 中央大 1:04:59
17 岩室天輝 日本体育大 1:05:09
18 多喜端夕貴 国士舘大 1:05:22
19 鴨川源太 上武大 1:05:43
OP 鈴木大海(創価大/2年) 関東学生連合 1:05:59
20 野田啓太 日本大 1:06:22
21 中島公平 城西大 1:06:39
22 中村幸成 山梨学院大 1:06:56

 

 

注目選手

スピードランナーかつ、つなぎをきっちりできるランナー。今回選びたいのはこの選手たちです!

山本修二(東洋大学)

高校時代は目立った実績があったわけではありませんでした。

しかし、大学入学後にめきめきと実力をつけ、昨年は区間賞を獲得。

2位の選手は学生最強ランナーの田村和希選手で、今大会も活躍が期待できますね!

鬼塚翔太(東海大学)

高校時代には大牟田高校陸上競技部でエース、大学進学後も駅伝では大活躍で、前回は3区の区間3位と奮闘。

最強世代を引っ張る存在として、期待が出来ますね!

中谷雄飛(早稲田大学)

写真中央が中谷選手です。佐久長聖高校で全国制覇達成時のエース。

さらにスピードに磨きがかかれば、3区抜擢もあり得るかもしれませんよ!

 

 

歴代活躍選手

こちらでは、かつて活躍して世界へと羽ばたいていった選手をご紹介……しますが、佐藤悠基選手と設楽悠太選手は除外します!

流石に3つも佐藤選手の名前を出すのはちょっと・・・と思ったのと、最近注目されている選手もここから出ていることから、割愛いたしますね!

井上大仁

アジア大会でマラソン金メダルを獲得した井上選手は、山梨学院大学の主将時にこの区間を走り、20位のチームを上向かせ、シード権獲得の原動力となりました!

上野裕一郎

「ミスター駅伝」を自称する、かつての世代トップランナーでした。

高校駅伝ではエース区間1区で日本人記録を未だ保持、10000メートル走高校記録も、高校の後輩にあたる佐藤悠基選手に塗り替えられるまで持ち、文字通りのスーパー高校生でした。

世界陸上への出走も経験しましたが、現在はDeNAランニングクラブに所属し、活動を継続しております。

本人曰く、将来的には指導者になりたいとのこと。

竹澤健介

学生ランナーとしてオリンピックの地を踏んだ、早稲田大学のエースでした。

2区を走る実力もありながら、坐骨神経痛に苦しんだことで3区に。

すると、21歳にして5000メートル13分19秒を出したそのスピードを存分に活かして、区間記録を樹立しました。

大学卒業後は故障に苦しみ、目立った成績は残せないまま現役を引退。

現在は住友電工で会社員をされているとのことですが、将来的には指導者の道を歩みたいとのことです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

世界を知るものも多くいる箱根駅伝。

その中でも、エースの道を歩めるかどうかが楽しみな3区の紹介でした。

まとめますと…。

  • 高速レースの3区
  • 世界で活躍した選手は数知れず!
  • 特に井上大仁選手は要注目!

 

大迫傑選手も3区を走ってはいたのですが、彼はどちらかというと1区の選手ですし、あまり駅伝にはこだわりはないみたいで……。

個性も際立っている区間、と言っても良いのかもしれませんね!

-箱根駅伝

Copyright© スタジアムにいこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.