プロ野球

プロ野球オールスター2019選手間投票ルールや監督推薦の基準は?

投稿日:

オールスターの魅力、と言えば何といっても「ファンが望むこんなチーム!」というのが具現化できるところでしょう。

ただ、オールスターゲームの魅力はそこだけにとどまりません。

それは「選手たちの中で認められた選手」も選ばれる可能性があるということ、そして監督からの推薦です。

とどのつまり、私はドカベンプロ野球編は大嫌いだということですね。

それはさておき、今回はオールスターの選手間投票と監督推薦についてお話しします。

どういうルールなのか、どういう基準なのかを今回は紹介していきましょう!

 

去年のものはこちらから!

関連記事
プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!パリーグの最強メンバーはこれ!

あっという間に6月も二週目になりました。 交流戦は今の所、完全にパ・リーグが優勢ですね。 6月8日現在、交流戦の順位は、ヤクルトを除く6位までの全てがパ・リーグ。今年も強い! 昨年のオールスターはパ・ ...

続きを見る

プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!パリーグの最強メンバーはこれ!

関連記事
プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!セリーグの最強メンバーはこれ!

いよいよオールスターが近付いて来ましたね! 交流戦を見ていると、ますますオールスターが楽しみになって来た今日この頃です。 この記事では、オールスターのセ・リーグのスタメン、先発投手について予想します! ...

続きを見る

プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!セリーグの最強メンバーはこれ!

関連記事
プロ野球オールスター2018の出場選手と今年の注目選手はこの人!

いよいよ、マイナビオールスター2018が近付いて来ました! 交流戦も始まり、先日はファン投票の中間発表もありましたね。皆さんの予想していた選手の名前はありましたか? さて今回は、マイナビオールスター2 ...

続きを見る

プロ野球オールスター2018の出場選手と今年の注目選手はこの人!

 

選手間投票ルール

さて、冒頭からドカベンプロ野球編をやたらとディスる展開となっているわけですが、これの何が問題かというと「本当は実力があるのに、人気がない選手」が選ばれないということなんですね。

以前私は「川崎祭」を紹介しましたが、これと同じような現象は以前から見られているんです。

例えば、自分の好きなチームの選手を選んでほしいがために集中的に票を投じるということや、地元開催となるオールスターのために実力がそれほどでもない選手たちに票が集中するということがありました。

昔太田幸司さんは試合に出ていないポジションでオールスターのファン投票で票が入っていたということがあるほどですからね。

初めてオールスターに出た時の一軍登板はたったの1試合だったとか。

こういうことを防ぐためにも選手間投票があるんですね!

どういう選手が選ばれるの?

具体的には投票対象となるのは各球団が選出したファン投票リスト記載の30名ではありますが、投票するのは「プロ野球選手である」ということ。

例えば、2017年のオールスターではパリーグのファン投票で千賀滉大投手が選ばれましたが、オールスター前には規定投球回数にも到達しないような成績でした。

一方で、選手間投票で選ばれたのが楽天の則本昂大投手でした。

2017年には8試合連続2桁奪三振という日本記録を打ち立てた選手が、ファン投票で選ばれないなんてことがあるんですね。

つまり、プロから技量を認められたプロが選ばれると考えれば良いでしょう!

ただ、少しだけ早い段階で発表となるため、中にはオールスターの時点では調子が悪くなってしまうということも。

 

監督推薦

これは昔からあるものですが、ファンからの選出がなかった選手でかつ実力がある選手が選ばれることとなっています。

基本的に28名の出場選手枠がオールスターでは設けられており、ファン投票・選手間投票で選出された選手数を差し引いた数を監督が選ぶシステムになっているんですね。

けがなどで選ばれた選手が出られない場合もあり、その場合は監督推薦などで補うということもあるようですね!

特に元読売ジャイアンツの寺内崇幸さんは、オールスターで急遽スケジュールが開いていたために選出されました。

とは言いましても、寺内選手は内野守備をまんべんなく守ることが出来る守備力があり、2013年は二塁手として大活躍をしていましたからね。

選ばれることも不思議でもなかったのかもしれません!

 

プラスワン投票!

そして、選手からも監督からも選出されなかった中から見てみたい選手としてプラスワン投票というのがあります。

2018年に限定的に復活されたプラスワンでは以下の2選手が選ばれました。

坂口智隆

オリックスを出る喜びを存分にかみしめている「近鉄戦士」です!

ヤクルト移籍後も持ち前の打棒が爆発していますね!

安達了一

https://twitter.com/oobbb55k/status/910455864103813120

1位で選ばれた大田泰示選手がケガで辞退し、オリックスの安達選手を選出しました。潰瘍性大腸炎という難病を患いながらも現在まで活躍中です!

何よりも守備の評価は源田選手に隠れていますが、ピカイチ。複数年で契約をしてしまったことがつくづく惜しまれる内野手でもありますね。

 

今年はどんな選手が選ばれる?

さて、今年はどのような選手が選ばれるのでしょうか?

個人的に注目している選手をピックアップしてみました。

高橋周平(中日ドラゴンズ)

中日ファンから竜の未来を担う男と評価されたキャプテン。

昨年は初めて100試合以上に出場し、打率と本塁打と打点がキャリアハイを記録しました。

彼の活躍がチームを躍進させることに間違いはありません!

上茶谷大河(DeNA)

今年から活躍の期待が持てる上茶谷投手。

特に横浜の新人投手は活躍する傾向にあるだけに、どこまで投げられるでしょうか!?

藤原恭大(千葉ロッテマリーンズ)

大阪桐蔭高校を卒業した期待の高卒ルーキー、藤原選手もまた大いに活躍が期待されます。

まだまだプロの水には慣れていないところがあるかもしれませんが、活躍と話題性で選ばれるかもしれませんね!

王柏融(北海道日本ハムファイターズ)

「台湾の大王」と呼ばれた台湾史上最強の好打者。

積極的に打ちに行く打者であり、台湾では打率4割を2度記録しました。日本での活躍にも期待ですね!

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回は注目選手と併せてオールスターの選出方法をご紹介しました。

纏めますと……。

  • より公平に選出するためのルール!
  • 監督推薦では意外な選手も!?
  • 今年の注目選手!

こちらのようになりました。

こうしてみますと、野手ばかりのように映りますが、意外と若い選手ですと投手が出てくるケースが圧倒的に多いんですね。

意外な投手が出てくるかもしれませんよ!

-プロ野球

Copyright© スタジアムにいこう , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.