プロ野球

プロ野球オールスター2019のスタメン&先発投手予想!パリーグの最強メンバーはこれ!

投稿日:

ちょっと前まで、キャンプをやっていたのに、すっかり球春到来と呼ぶにふさわしい時期となり、気が付けば夏になり、そして秋になり……。

そして私は今年も一人(以下省略)。

とはいえ、野球の季節がやってきましたね。そこで今回はプロ野球オールスターについて記事を書いていきましょう!

昨年活躍した選手から今年も活躍が期待できる選手を合わせてご紹介し、予想をしていきますよ。

そんなことを考えながら試合を見るというのもまた、楽しみというものです(こじつけ)。

 

去年のものはこちらから!

関連記事
プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!パリーグの最強メンバーはこれ!

あっという間に6月も二週目になりました。 交流戦は今の所、完全にパ・リーグが優勢ですね。 6月8日現在、交流戦の順位は、ヤクルトを除く6位までの全てがパ・リーグ。今年も強い! 昨年のオールスターはパ・ ...

続きを見る

プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!パリーグの最強メンバーはこれ!

関連記事
プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!セリーグの最強メンバーはこれ!

いよいよオールスターが近付いて来ましたね! 交流戦を見ていると、ますますオールスターが楽しみになって来た今日この頃です。 この記事では、オールスターのセ・リーグのスタメン、先発投手について予想します! ...

続きを見る

プロ野球オールスター2018のスタメン&先発投手予想!セリーグの最強メンバーはこれ!

関連記事
プロ野球オールスター2018の出場選手と今年の注目選手はこの人!

いよいよ、マイナビオールスター2018が近付いて来ました! 交流戦も始まり、先日はファン投票の中間発表もありましたね。皆さんの予想していた選手の名前はありましたか? さて今回は、マイナビオールスター2 ...

続きを見る

プロ野球オールスター2018の出場選手と今年の注目選手はこの人!

 

出場選手発表はいつ

原則的に5月末までに支配下選手登録をされている人が対象となります。

つまりです。2軍でしか試合に出ていない人でもオールスターへの出場資格があるわけですね。

2003年には投票システムの穴をついて2軍でも登板のない川崎憲次郎投手がファン投票で1位に選出されました。

こちらはプラスワン投票による選出があり、全選手が出そろうのは昨年は7月10日でしたので、今年は7月9日には決まるでしょう!

 

スタメン発表はいつ?

現時点では明らかになっていませんが、昨年の場合はこうでした。

以下に表記させていただきますね。

  • 第1戦、先発選手発表 → 7月12日(木)日本野球機構から発表
  • 第2戦、先発選手発表 → 7月13日(金)の第1戦終了後、日本野球機構から発表

つまり、試合の前日には日本野球機構からの発表があるということです。

今年はどんな顔ぶれになるか、楽しみですね。

 

スタメン予想!

では、今回はここでスタメンについて予想をしていきましょう!

新たな顔ぶれが現れるのでしょうか!?

先発投手・千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)

https://twitter.com/FOXSportsJP/status/1111561790171705345

「お化けフォーク」と呼ばれるほど鋭く大きな変化球であるフォークボールもさることながら開幕戦で、日本人最速となる161キロを記録

世界を驚かせたあの千賀投手が、オールスターでも観客を大いに沸かせることは間違いありません!

捕手・森友哉(埼玉西武ライオンズ)

「打てる捕手」の代表格である森選手は、実は守備でも元々は非常に優秀な選手です。

高校時代には阪神タイガースに所属する藤浪晋太郎投手をうまくリードし、春夏連覇を成し遂げました。

特に決勝戦の八戸学院光星戦では森選手の観察眼が活きました。

立ち上がりからコントロールに難のあった藤浪投手に対して、指先に意識を集中させるスライダーを要求。

これでストレートの感覚も良くなった藤浪投手はスイスイと投げて最終的には完封勝利を収めました。

高校時代からポテンシャルの高さを垣間見た、とても素晴らしい選手だったんですね。今シーズンは扇の要としての活躍が期待されます!

一塁手・山川穂高(埼玉西武ライオンズ)

愛称はアグーの昨年パリーグMVP。

何といっても特徴的なのがその長打力です。

「ホームランは正義」という持論のある山川選手は、そのパワーを存分に生かして本塁打王にも輝いています!

今シーズンもその長打力からは目が離せません!

二塁手・中村奨吾(千葉ロッテマリーンズ)

2018年ゴールデングラブ賞を受賞した内野手。

今年から東北楽天に移籍した浅村栄斗選手も可能性は十分ありますが、2018年に大きく飛躍を遂げた中村選手に期待をして、今回は中村選手としました。

監督の井口資仁さんからは「トリプルスリーを達成できる」と言われているほどの潜在能力は高く、今年の飛躍に期待したいですね!

三塁手・ゼローズ・ウィーラー(東北楽天ゴールデンイーグルス)

ケガさえなければオールスター出場も十分期待できる強打の三塁手です。

ここにも大きな壁としてソフトバンクホークスの松田宣浩選手がいらっしゃいますが、個人的には「ポテトヘッド」に期待したいですね!

遊撃手・源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)

https://twitter.com/Fullcountc2/status/1111273259654234112

プロ2年目にしてその守備力は球界随一のものであることを証明した侍ジャパン日本代表候補。

足の運び、肩の強さはもちろんですが、俊足を活かした打撃でもチームに高い貢献をしております。

Twitterでは「#源田たまらん」というハッシュタグが付けられるほどで、彼の守備力がとても素晴らしいことを示しています!

外野手・吉田正尚(オリックス・バファローズ)

身長173センチと小柄ながらも大きなスイングと強く振り切ることを意識した打撃を持ち味とする選手。

特に特筆すべきはその長打力で、プロ3年目にして全試合に出場した昨年は26本塁打を記録。

打率も.321と非常に高いレベルで安定した選手であることを証明しました!

あと怖いのは、彼の場合本当にケガだけですね。

外野手・秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)

日本最高のヒットメーカーは今シーズンも活躍を期待されています。

その類まれなるバットコントロールで、2015年より最多安打王を3度、首位打者を1度獲得しており、いかに彼が優れた打撃技術を持っているかが分かります。

ただし、守備はゴールデングラブ賞を受賞しているものの、あまりうまいとは言えないようです。

外野手・柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

超人ギータは今年も我々を驚かせてくれるはずです。

ねじれて切れてしまいそうなほど豪快なスイングと放物線、足の速さと肩の強さ。

文字通りの超人になりつつあるギータからは目が離せません。

ただ、時々大丈夫かと思わせるほど発言が危ういので、誰かフォローをお願いします!

DH・アルフレド・デスパイネ(福岡ソフトバンクホークス)

日本プロ野球の中で一番かわいい野球選手」でしょう。

のんびり屋でマイペースで陽気。いかにもカリブからやってきた選手ではありますが、パワーはけた違いでキューバ代表では4番を務めています。

ホームランを打った後にベンチ前でやるヘルメットを取ってのパフォーマンス、マイペースな振る舞い。

おそらくその仕草でいえば、間違いなく日本プロ野球でかわいい選手と言えるでしょう。

皆さん、デスパイネ選手はベンチに居ても要注目です!

第2戦目先発・山岡泰輔(オリックス・バファローズ)

https://twitter.com/moromoro25863/status/1111559800184176640

172センチと小柄ながらも最速152キロのストレートと鋭いスライダーが武器。

高校時代からその才能は絶賛されており、ダルビッシュ有投手も絶賛したほどです。

ただ、ムラっ気があるところが難点で、プロ入団後もその難点がちらほらと見えています。

スタメン予想!

以上から、今回はこのようになるのではと考えました!

打順 ポジション 選手名
1 秋山翔吾
2 中村奨吾
3 柳田悠岐
4 山川穂高
5 DH デスパイネ
6 ウィーラー
7 吉田正尚
8 森友哉
9 源田壮亮

オールスターでの正式な発表が楽しみですね!

 

第1戦スタメン

 

 

第2戦スタメン

 

まとめ

いかがでしょうか?

オールスターの出場選手が誰になるか?

どうしても3月の時期からですと、王道になってしまいがちですが、そんな彼らの出場にも期待したいところです。

では纏めますと……。

  • 個性派ぞろいの面白い集団!
  • 先発投手にも期待!
  • 5月末までが楽しみ!

こちらのようになりました。

プロ野球選手にとって一つの栄誉でもあるオールスター。

今年はどんな選手が選ばれるのでしょうね。

次回はセリーグを取り上げますよ!

 

-プロ野球

Copyright© スタジアムにいこう , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.